特区・合法民泊支援

年々増加する訪日外国人観光客へ向けて
緩和されていく特区の民泊条例
合法化された民泊運営で収益アップ

特区民泊の緩和が進み、魅力的なエリアで民泊の運営が行いやすくなってきています。
増える訪日外国人観光客をターゲットに、より高い収益性を狙い特区での民泊運営を始めてみませんか?

合法的に民泊事業の立ち上げを目指すなら
特区での豊富な実績を持つパートナー選び
が重要

民泊運営物件数No.1(実稼働ベース265部屋)のIKIDANEが合法的な特区民泊の運営を強力にバックアップ。不動産の知識を背景に、合法かつ収益性の高い特区民泊をご提案いたします。

特区民泊の基礎知識

  • 最低2泊3日以上が義務

    特区民泊では、2泊3日から9泊10日までの範囲内において自治体の条例で定める期間以上の施設使用期間が定められています。
    ※大田区も2018年春から2泊3日以上が可能に

  • 住居専用地域以外もOK

    一居室の床面積は、25平方メートル以上であることなどいくつかの条件をみたせば住居専用地域以外でも特区民泊の運営が可能。

  • 営業日数上限なし!365日可能に

    特区民泊では民泊新法の180日規制を超えて営業ができ、日数上限無しで365日でも営業が可能。

続々拡大中!今注目の都市をチェック!
  • 大阪西日本の玄関口。大人気のUSJなど観光地も充実!

    ユニバーサルスタジオジャパン、大阪城、通天閣、道頓堀など訪日外国人観光客に人気の観光スポットを多く抱える大阪府では、2016年には訪日外国人の延べ宿泊者数が1,000万人を超えるなど、民泊運用に人気のエリアで、特区民泊を運用しやすい環境が整っています。

  • 東京(大田区)羽田空港からのアクセス抜群!

    大田区は東海道で栄えた歴史ある町。神社仏閣や銭湯が多く、羽田空港へのアクセスが抜群など訪日外国人に対し多くの魅力を有し、昨今、大田区のホテルの稼働率は常に満杯状態。東京五輪に向け、2018年3月の規制緩和により最低民泊日数が2泊3日から可能となり、大田区の特区民泊市場は成長が見込まれています。

  • 千葉国内外を問わず圧倒的な人気!ディズニーランドが近い!

    東京ディズニーランドを筆頭に、内陸部の「緑」「里」「農」をキーワードに、イチゴ狩りや米づくりといった農業体験や、アウトドアパーク、自然、史跡など観光資源を活用し、空港アクセスの良さを生かしたアウトバウンド旅行客の誘致を強化している。2017 年12 月に特区民泊の導入を認定。東京五輪開催に向け成長が見込まれる民泊市場です。

国家戦略特区・特区民泊エリア

特区民泊は、国家戦略特区すべてで申請できるわけではありません。
自治体が条例を定めている地域のみで特区民泊の取得が可能です。

よくいただくご質問

法律のことに全く詳しくなくても民泊にチャレンジできますか?

問題ありません。
当社は民泊運営のプロフェッショナル企業です。簡易宿所、旅館業法、民泊新法、特区民泊、建築基準法、消防法、など様々な法律、条令等の対応に、専門知識を持つスタッフが対応しています。
安心してお任せください。

「特区民泊」ができないエリアなのですが、合法民泊運営は可能ですか?

可能です。
特区民泊はまだまだ対応エリアが少ないですので、基本は特区民泊以外での民泊運営が基本と言えます。
当社では、様々な形態の民泊運営を行ってきた実績をもとに、簡易宿所、旅館業法、民泊新法など、特区民泊以外での営業許可を模索し、最適案収益プランをご提案します。

さまざまな規制緩和が進む今、おすすめのエリアはどこですか?

大田区、大阪府の特区民泊は、これからも訪日外国人観光客の増加が見込める地域でオススメです。
集客しやすく、高い稼働率が見込めるため、高収益な特区民泊の運営が想定されます。
当社は土地探しから民泊のすべてをワンストップでご支援することが可能です。
お気軽にご相談ください。

民泊運営実績No.1のIKIDANEでは特区民泊
の運営支援を強化しています。

特区民泊の運営をお考えの方へ、当社では不動産の買い付け(土地・物件)から、銀行融資対策、リノベーション、運営代行、民泊運営に関わるすべてをワンストップサービスでご支援いたします。オーナー様の負担なく特区民泊の運営をゼロからスタートすることが可能です。
無料相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

民泊運用代行メニュー民泊事業トップ >
  • 特区・合法民泊支援
  • 簡易宿所・旅館業支援
  • 民泊新法対策支援
  • 民泊リノベーション
  • 民泊事業コンサルティング